SOGO SEIBU TransCulture

A60 神楽岡久美 個展 The Metamorphoses of Beautiful Bodies. ー未来の美的身体について 「未来の美的身体」についての表象を試みる。

現在、神楽岡の制作活動は「美的身体のメタモルフォーゼ」という一貫したテーマの追求として行われている。この制作を進める上で、人間社会に本質的に必要とされるものの一つに、「美力(美的価値)」があるという点を踏襲し、その証左となる有史以来の各地の歴史や文化、習慣、ジェンダーを調査してきた。そして作品を通し、これらに否応なく刷り込まれた美的価値観をあぶり出すことによって、美というものが人間社会を突き動かすものであると同時に、盲目的に追い求めるがゆえに矛盾や私欲にまみれた表象を生んできた、というパラドキシカルな側面を鑑賞者に想起させることを目指す。本展ではそのテーマで調査してきた内容をもとに、「未来の美的身体」についての表象を試みる。神楽岡は1000年後の地球環境を「10前後の温暖化が進み、乾燥地帯が増える」と予想する。その未来の美的身体については「厳しい環境下でも生命体として生きる強いものとしてビジョンしています。これは人類の進化の過程において、弱い者からパイオニアが生まれ、人類が進化し続けたという見解から着想しています」と述べる。そのために、現在のアフリカの乾燥地帯に住むディン力族の身体的特徴やアフリカ地帯に住む集団の遺伝的多様性などに着眼した。これらの神楽岡のリサーチ・研究・制作の流れを垣間見るドローイングや身体装置などが作品として展示されている。身体にまつわる美的価値観は、日本ではアパレルやデパートで展示されるマネキンの身体、アニメや漫画のキャラクターの造形などに顕著に現れているが、その基準や目標について世間が意識的に捉え理解しているわけではないと神楽岡は考える。そして、いつの時代においてもそうした価値観に翻弄されてきた人類、そして神楽岡自身の視点をもって美力をはじめ、価値とは提示されるものだけでなく、自らそれを表現することができると信じている。ルッキズムをはじめ、神楽岡が視線を向けるものの再考が叫ばれる現代において、そうした作品の批評性が強く求められている。

神楽岡久美KumKaguraoka
執筆・徳岡樹(株式会社 生活の友社)作品撮影・浦野航気

The Metamorphoses of Beautiful Bodies. – Consideration about the aesthetic value of the future body.

Kaguraoka’s making is based on pursuing a consistent theme of “The Metamorphoses of Beautiful Bodies.” Following the fact that “aesthetic value”is one of the essential needs of human society, she has studied the history, culture, customs, and gender of various regions since the dawn of history, which is its evidence. By exposing the aesthetic value inevitably imprinted on these things, she aims to remind viewers of paradoxical aspects that beauty has driven human society and at the same time it has created contradictions and images covered in selfishness because of its blind pursuit. This exhibition will try to represent the “Beautiful Body of the future” based on the research conducted under the theme.
She predicts the global environment will be “warming around 10°C and increasing arid areas” in 1000 years. She says the “beautiful body of the future has a vision of being simply a strong thing to live as a living organism even in a harsh environment. This is inspired by the view that in the process of human evolution,” pioneers were born from the weak and humans continued to evolve. Therefore, she focused on the physical characteristics of the Dinka people living in the arid regions of Africa today and the genetic diversity of the populations living in the African regions. In order to give a glimpse of her flow of research, study, and making through this exhibition, works such as drawings and body devices will be exhibited.
Aesthetic values related to the body are evident in the body of mannequins displayed in apparel and department stores, and the modeling of anime and manga characters in Japan, but she doesn’t think the public has consciously grasped and understood the standards and goals of beauty. And she believes that through the history of mankind and her own perspective, which have been at the mercy of such values at all times, value is not only presented, but can be expressed by oneself. In the present age when people are calling for reconsideration about what she has been looking at, including lookism, the criticism of such works is strongly required.

Prima Legs. H110×W80×D3.2写真・Edition 1/10 / 裏打ち込み

Study of Metamorphose [collage]-no.03 W22.3×H31×D3 Mixed media

Kaguraoka’s X-ray. W45×H100×D8ライトボックス ,レントゲン

Face Cage.W38×H38×D31.5 Mixed media

Study of Metamorphose [collage]-no.02 W22.3×H31×D3 Mixed media

PROFILE

神楽岡久美

Kaguraoka Kumi

医療職である両親の元に生まれた神楽岡は,身体に興味を持ち,ファッション・玩具などの身体との密なコミュニケーションツールデザインをバックグラウンドにもつ。
「身体とは感覚を持って外界と対話するためのツールである。」をステートメントに2015年から制作活動を開始する。2022年4月からニューヨークでの活動を開始予定。
2012年
武蔵野美術大学大学院空間演出デザインコース修了
2015年
「SICF16」グランプリ受賞(スパイラル・東京)
「Bank ART Artist in Residence OPEN STUDIO 2015」(BankART1929・神奈川)
個展「光を摘む」(スパイラル・東京)
「シブヤスタイルvol.9」(西武渋谷店)
2016年
個展「身体と世界の対話(2015-16)」(T-Art Gallery・東京)
2017年
「アイスタイル芸術スポーツ振興財団」助成アーティスト選定
2018年
個展「身体と世界の対話vol.2」(ワコールスタディホール京都ギャラリー・京都)
2019年
個展「KUMIKAGURAOKA solo Exhibition Study of Metamorphose.」(FabCafe・東京)
「京都大学ロンドン大学ゴールドスミス校アートサイエンス国際シンポジウム-Artnovation展2019」
JunyaYamamine Award受賞(京都大学)
個展「Metamorphosis to a beautiful body KUMI KAGURAOKA」(西武渋谷店)
2020年
「⑨人の眼-9人のアーティスト-小山登美夫監修」(渋谷ヒカリエ8・東京)
個展「Study of Non-verbal-communication.」 (gallery ON THE HILL·東京)
ファッション誌・特集「NUMERO BERLIN」(ベルリン)
2021年
「吉野石膏美術振興財団 在外研修助成」助成アーティスト選定
作品掲載「VOGUE MAN Hong Kong」(香港)
テレビ朝日・出演「有吉クイズ」

お手数ですが、お問い合わせ内容欄に必ずA60 神楽岡久美 個展と記入してください