SOGO SEIBU TransCulture

A9 GIL KUNO 「ENTITLED」 我々の現実認識を常に打ちのめす

A9 GIL KUNO 「ENTITLED」 我々の現実認識を常に打ちのめす

ギル久野の作品は一見、日常的に見慣れたものとはかけ離れているが、我々を取りまく様々な有機的現象を彷彿とさせる。一般的に存在している現象が、ユーモラスな要素を含んだメタファーに変貌させられているのだ。呼吸する腸、マスターベーションのインスタレーション、巨大なアリの巣、無音のDJイベント、一弦ギターで編成されたオーケストラ、動く掛け軸など、彼は我々の現実認識を常に打ちのめしてくれる「文;Fernando Sanchez」

 

“Waves”

“Waterfall”

 

“Layers- Chloe”

“Layers-Zosia”

“Everything l Nothing”

 

PROFILE

ギル久野

Gil Kuno

アメリカ・ロサンゼルス出身。UCLAでメディアアートを専攻。ニューヨーク在住。オルタナートサイトUNSOUND.COM、インターネットバンドWIGGLE、FLOW、Six、String Sonics、The (ギター解体ユニット)など、活動は広く世界的に評価されている。

[アートフェスティバル]

文化庁メディア芸術祭(過去4回受賞)Ars Electronica(3回招聘),恵比寿映画祭,六本木アートナイト,ROtterdam国際映画祭,World Wide Video Festival(Amsterdam),Fringe Festival NYC,Glow Festival(Los Angels),WRO Festival(Poland)ほか

[展示・パフォーマンス]

国立新美術館(東京),東京都写真美術館(東京),Zero Space(New York),Waterfall Galery(New York),The Hammer Museum(L.A.),Castillo de Rivoli(Italy),Center or Contemporary Art Zemec Ujazdowski(Warsaw,Poland),CSW Torun(Poland),New York Fringe Festival,Torrence Art Museum(L.A.),JACCC(L.A.),MCM Gallery(Serbia),House of Legacy(Serbia),New Wight Gallery(L.A.),LACE Gallery(L.A.),Laforet Harajuku(東京),Panke Gallery(Berlin),ORF(Austria),Art l Sci Gallery(L.A.),FUji Rock estival(苗場),Melkweg(Austria),Schouwburg(Rotterdam),The Sprawl(London),Liquid Room(東京),Womb(東京),Club Asia(東京)ほか

[コラボレーション]

EY∃ Yamantaka(Boredoms),Yoshimi(Boredoms,00100),Ken Ishii,山川冬樹,Merzbow,大友良英,Battles Vincent Gallo,吉田達也(Ruins),Carl Stone,Alec Empire(Atari Teenage Riot),Steve Albini(Big Black,Shellac),Cristian Vogel,Zbigniew Karkowski,Atau Tanaka,GX Jupitter Larsen(The Haters),Nissennendmondal,Christian Galarreta,Joseph Hammer ほか

 

 

お手数ですが、お問い合わせ内容欄に必ずA9 GIL KUNOと記入してください