SOGO SEIBU TransCulture

B25 第38回伝統漆芸展 堆漆象嵌蔓草文小箱 石原雅員 MOA美術館賞(MOA Museum of Art Award)

奥行9.5X幅20X高18cm 木胎/顏料[堆漆]

アブダビのイベントに出品した際、多くのカルチャー文化の違いを
そして遥か昔、やがてシルクロードを経て日本に入る文化を想像しながら、壮大な
モスクの壁、天井、床などに大理石により施されていた、アラベスク文様の印象を堆漆
板、蒟醤、黒漆、欅を使い、アラビアの蔓草紋様デザインを現代的に表現してみました。
今回大変栄誉ある賞を賜り、更に新しい表現デザインを模索して行こうと思います。
有難うございました。

記:石原雅員

木地は館風の六角形の指物である。作者は近年、彫漆技法の加飾の拡がりを求め、様々な試みに挑んできた。今作もその一環で、彩漆を何十回と塗り重ねたものを断面に切り取り、それを張り合わせ、朱、白、黄緑と明るい色調が繰り返され軽快感が感じられる。花は蒟醬技法で表し、彫漆と蒟醬の技法がらまく融合されている。箱の形と文様とのバランスが、箱としての用途だけでなく、飾箱としても楽しめ、今後の更なる展開が楽しみな作品である。

記:山下義人

お手数ですが、お問い合わせ内容欄に必ずB25 第38回伝統漆芸展 堆漆象嵌蔓草文小箱と記入してください