SOGO SEIBU TransCulture

B27 第38回伝統漆芸展 変塗盛器「Flair」 木村正人 奨励賞 熊本県伝統工芸館賞

径36X高3.8cm 木胎/玉虫貝、顔料、もみがら[髹漆]


 

この作品のイメージは心の炎・自己表現「Flair」です。放射線
状紋紗塗を粗目にする事で力強さを、縁の唐塗部分は黒の艶の
中に赤の模様にする事で熱さと更なる広がりを出し、紋紗塗と
唐塗それぞれの質感を生かして表現してみました。自分で採っ
た漆を使って作品にするのは楽しく、漆の不思議さをしみじみと
感じています。

記:木村正人

 

器の見込みに見られるマットな質感と独特な模様が目を引く。これは津軽塗の代表的な技法のひとつ、もみ殻炭粉を使用した紋紗塗を独自に発展されたもの。伝統の技を解体し、素材やプロセスにアレンジを加えることで自身の表現へと導いた姿だ。厚くつくられた器の側面には伝統の唐塗の技法に玉虫貝を蒔き、より華やかさを増している。色彩の対比に加えて質感の対比にも気を配ったことで、特徴ある作品に仕上がっている。

記:唐澤昌宏

PROFILE

木村 正人

masato_kimura

青森県/昭和40年生

お手数ですが、お問い合わせ内容欄に必ずB27 第38回伝統漆芸展 変塗盛器「Flair」と記入してください