SOGO SEIBU TransCulture

B7 乾漆切絵盆「花筵」 根本 曠子 奨励賞 高松市美術館賞(Encouragement Award TAKAMATSU ART MUSEUM Award)

奥行35.5×幅35.5×高5.3cm 乾漆/金粉、夜光貝、平文[髹漆、切絵]

 


 

花クロスのテーマは、作者が南蛮文化に興味を持った学生時代からのものである。
榡地は石膏を削り出す雄型作りから始まり、麻布を貼り重ね、高台を付けた。
加飾は作者独自の切絵で、薄い和紙で型紙を作り、それを4枚重ねて文様を切透し、
平文や貝で割付けをして器胎に貼り合わせ、彩漆や金粉も同時に丹念に摺り込みながらグラデーションを付けた。
乾漆の質感と華麗な切絵の装飾が融合し、草花を愛してやまない作者のやわらかで優美な世界が創り出された。

記:佐々木 正直

薄い楮和紙にのり漆を引いて型紙をつくり、四弁花を切透し、平文や貝で割付けをして、盆全面にはりつめました。紙の表面が硬化するまで生漆を数十回摺り込み、彩漆や金粉でグラデーションをつけ、花十字をイメージしました。盆は石膏型に麻布を数枚はり込み、堅牢で薄く軽く仕上げるために半年以上乾燥させました。このたびの受賞は、今後の制作に、又新しく活力をいただき、ありがとうございました。

記:根本 曠子

PROFILE

根本 曠子

Hiroko Nemoto

神奈川県/昭和13年生

お手数ですが、お問い合わせ内容欄に必ずB7 乾漆切絵盆「花筵」と記入してください