SOGO SEIBU TransCulture

C56 ようこそ!田村セツコのハッピー絵画くらぶへ 田村セツコ 先生と生徒さんがお互いに元気を与え合う教室

田村セツコさんは銀行OLから、童画家・松本かつぢ氏の紹介で絵の仕事に。少女雑誌「りぼん」、「なかよし」、「少女クラブ」などに多くの作品を掲載。代表作「おちゃめなふたご」や、サンリオ「いちご新聞」の1975年の創刊以来現在まで作品掲載するなど日本から世界に広がった「かわいい文化」に大きな貢献を果たしました。著書・個展も多数。池袋コミュニティ・カレッジの『ようこそ!田村セツコのハッピー絵画くらぶへ』の5つの特徴は、【紙と鉛筆があればOK+です。】【メモ魔とらくがき名人でOK!】【毎日に波があってもOK~~】【自分の人生を好きになる♪】【あとで読んでもたのしくなる☆彡】ということで、先生と生徒さんが和気あいあいとした雰囲気で、生徒さん一人ひとりが毎回、その場で1枚の作品を作り、発表し合うことで、先生と生徒さんがお互いに元気を与え合うような教室です。【23年9月記】

大人になったのに絵日記?そうです。子どものように正直に。気分の波もUP~DOWN。日記を書くと、あらま。びっくり。今日という日が、なんだか、特別な、大切な日だと気づきます。いいことも、イヤなことも、すべてを楽しめる“ふしぎな人”になれるかも?おすすめします!

お手数ですが、お問い合わせ内容欄に必ずC56 ようこそ!田村セツコのハッピー絵画くらぶへと記入してください