SOGO SEIBU TransCulture

E54 そごう大宮店 うなぎのひら山 地下1階 食品館「エブリデイ」 そごう大宮店開店以来35年の名店

そごう大宮店の開店から変わらず、地域の名店として地元のお客さまのご愛顧をいただいてきた「ひら山」。このお店のご主人は銀座のうなぎで有名な老舗料亭出身で、うなぎだけでなく、う巻、玉子焼、筑前煮など日本料理も得意です。江戸時代から続く関東グルメの代表でもあるうなぎの蒲焼は「串打ち三年焼き一生」と言われるくらい焼き加減が難しい料理ですが、ご主人は開店以来今も変わらず朝7時ごろからその日のうなぎを焼き始めます。ここの店内には小さなイートインスペースもあり、手軽な贅沢として焼きたてのうなぎを味わうこともできます。

メインの国産うなぎ蒲焼と人気商品の玉子焼。うなぎ弁当は地元のお客さまからの大口のご予約も多く、店頭には並ばない特上のうなぎ蒲焼のオーダーも承っています。

お弁当も人気の「国産うな重弁当」、玉子焼とうなぎ、さらにうなぎの下に焼鳥が隠れていて色々な味が楽しめる豪華な「あいのり弁当」、香ばしく焼きあがった「やきとり弁当」さらに季節メニューの「たけのこ弁当」など豊富です。きんぴらなどの付け合わせまで手抜きはありません。どれもおいしく選ぶのに迷ってしまいます。

ひら山の「う巻」や「筑前煮」など、開店以来そごう大宮店定番の人気商品もあります。う巻は関西の出汁巻き玉子焼・う巻より少し甘めの寿司ネタ玉子焼などのような関東風。筑前煮はごぼう、竹の子、椎茸、こんにゃく、竹輪、人参などあらゆる具材にしっかりと味が染み込むまで柔らかく煮てありプロの技を感じられます。

右)毎日店内で焼きあげられるうなぎ。埼玉は昔からうなぎの名店が多く、うなぎにはうるさい地元のお客さまから高い評価をいただいています。

左)知る人ぞ知る人気商品、ひら山の「さば昆布巻」。これはまさに老舗料亭の味ですね。

お手数ですが、お問い合わせ内容欄に必ずE54 そごう大宮店 うなぎのひら山と記入してください