SOGO SEIBU TransCulture

F14 西武渋谷店 サブカルチャー&アートショップ 5階 紳士服売場 西武渋谷店のサブカルチャーDNA

サブカルチャーと西武渋谷店の関係は、渋谷店の開業時にさかのぼります。西武渋谷店は当時世界的に沸き起こっていた若者文化、カウンターカルチャーという時代の新潮流を日本で初めてそのまま東京渋谷に持ち込み、これ以後渋谷はクリエーティブな若者の街へと大変身しました。文化全体のある一部が、それぞれ独自性を持ったサブカルチャーであり、その代表がメインカルチャーに正面から対抗(カウンター)した若者文化(カウンターカルチャー)の時代でした。このような若者文化の時代は遠く去っても、今やGAFAやアニメ等多くのサブカルチャーから発生した文化が世界を覆っています。渋谷にはこの文化の影響を受けて創業したネット企業が次々創業した結果、渋谷は日本のサブカルチャー最大級の拠点になったとも言えます。「サブカルチャー&アートショップ」ではそんな渋谷らしい「一部に熱狂的ファンがいる」「いまだ社会のエスタブリッシュ(権威となった文化)とはいえない」「多様な方向性を持った」アイテムを集めた売場を登場させました。

「サブカルチャー&アートラボ」には「アートファッション」「ファンシーグッズ・カプセルトイ」「アートホビー」の3つのコーナーがあります。最初の「アートファッション」は既にF11「ユキヒーロープロレス」のコラムでご紹介しておりますので、二つ目の「ファンシーグッズ・カプセルトイ」からご紹介します。まず左のFur Babyは猫や犬などの身近な動物や素敵なものをモチーフにした日常が少しホッコリするような雑貨を展開。「えび天」や「スタンプアニマル」ほか人気キャラクターを数多く展開しています。右のハニーベアは2020年10月から登場。「いつでも・どこでも・どんな時でもあなたのそばに寄り添い、尽くしてくれる」をコンセプトにしたクマのフロッキードールです。大人になっていくにつれて色褪せてしまう「子どものころ、おもちゃたちと遊んだ楽しい思い出」。ハニーベアはおもちゃたちからの『遊んでくれてありがとう』というあなたへの気持ちを表現しています。大きさは6.5cmでちょうど手のひらに収まる大きさです。

「カプセルトイ」は毎回、新進気鋭のクリエーター陣が集結するバラエティー豊かなラインアップのガチャコーナーです。ここで人気の「VAG(VINYL ARTIST GACHA)」は2021年12月の段階で第29弾まで販売中です。

ここから「アートホビー」のゾーン。左は「ひなたかほり」のコーナー。右は「照紗(テレサ)」のコーナーです。「ひなはたかほり」は2008年モンチッチドレスデザインコンテスト最優秀モンチッチ賞受賞、2009年FEWMANY AWARD ファイナリスト選出をきっかけにアーティスト活動を開始。2016年よりソフビフィギュアの制作を開始し、角がはえた猫のキャラクター「Morris The Cat with Antlers」を展開しています。「照紗(テレサ)」は高校・アートスクール時代をシドニーで過ごし帰国。主に日本文化・伝統工芸を下敷きに、独自解釈をミックスした作品を制作しています。日本各地の郷土を護る優しい怪獣たちをテーマに「イヌハリゴン」や「キブナドン」などのソフビトイを制作し国内外でのアート展示会やメディアなどで作品を発表しています。

同じく「アートホビー」の「田中かえ」のコーナー。「田中かえ」は手塚治虫・吾妻ひでおから影響を受け、イラストを描き始め大学卒業後、主にイラストレーターとして活動を開始。乃木坂46や「オニツカタイガー」「ディコム・トイ」など多彩なジャンルとのコラボレーションでも注目を集めています。田中氏が描く女の子像は大きな瞳と伸びた手や首、柔らかなフォルムが特徴で、人間らしくも2次元的にデフォルメされた“カワイイ”が見る者を独自の世界観へと引き込みます。右はサイボーグ009とのコラボ作品。

「アートホビー」のコーナーではアニメや舞台の様々なキャラクターと新進クリエーターとのコラボレーション商品特集を開催し、多くの希少なキャラクター商品を展開してきました。その一例は、円谷プロダクションのウルトラマン、石森プロダクションのサイボーグ009、ダイナミックプロのゲッターロボ、ホリプロのミュージカル・ピーターパン、タツノコプロのハクション大魔王などです。展開アイテムはソフビ人形、雑貨類、ぬいぐるみなど多岐にわたります。

サブカルチャー&アートとは立ち上げ時から協力関係にあるメディコムトイの「ベアブロック(BE@RBRICK)」は、テディベア生誕100周年である2001年に「デジタルイメージのテディベアを作る」というコンセプトで誕生した日本生まれのクマ型ブロックタイプフィギュアです。本体を構成する基本となる9つのパーツ(頭・腕・手首・胴体・腰・足)以外は何も付け加えず、プリントだけでデザインされているのが特徴です。誕生以来、その時代ごとに様々な企業や国内外アーティスト・ブランド・テレビ・アニメ・映画などとのコラボレーションで多くの種類が開発されており、数量限定発売のものが多く、発売時期以外入手困難なため世界中の多くのコレクター垂涎のアイテムです。

お手数ですが、お問い合わせ内容欄に必ずF14 西武渋谷店 サブカルチャー&アートショップと記入してください