SOGO SEIBU TransCulture

H23 そごう千葉店 MASTER HAND 5階 紳士服フロア 8人の熟練クラフトマンがあなただけの特別アイテムをお作りします。

「長く大事に持っているものは、人に貰ったものよりも、自分自身の苦心の結晶に限る」とは白洲次郎が残した言葉ですが、彼のお気に入りのものは自作したり、信頼できるクラフトマンにオーダーしたものがほとんどでした。自分の身の回りを、誰でもがその価値を知っているプレステージブランドのものばかりでそろえるのは、自分らしさがなく、気恥ずかしいが、オーダーメイドはコンサバなものしかないという方々のため、今の時代感覚を持ったオーダーメイドのショップが生まれました。それぞれのフィールドで一流ブランドのOEMなどを手がけてきて、プレステージブランドの品質基準を熟知していながら今の時代感覚もあわせ持つクラフトマンが集まったショップ。それがMASTER HAND(マスターハンド)です。マスターハンドには「Kg1954(レザーグッズ)」、「アトリエアキコ(帽子)」、「nine SIXty(アクセサリー)」、「JUNKO WATANABE(パールアクセサリー)」、「KURODA HEART(シューズ)」、「LEYLYS(アパレル)」、「GAKU IGARASHI(ポップアート)」、「HASU(ポップアート)」の8ブランドが展開。店頭商品の販売も可能ですが7割以上のお客さまは店頭商品をご覧になってからのオーダーメイドになっています。【2022.5月記】

Kg1954は爬虫類を中心に牛革、ラム革などあらゆるレザーグッズのスペシャリスト。特にクロコダイルは企画・開発から生産までをプロデューサーの浅井紳嗣が携わることにより他ではない独自の世界観を醸し出しています。クロコレザーバッグにスタッズをはめ込んだアイテムは特に人気です。Kg1954のクロコダイル皮革はワシントン条約に則り輸入した皮革で製造工程は、1点ずつ一人の熟練職人が作っております。上質なスペインラムを使ったレザージャケットやレザーコートは採寸した型紙を基にした布製の見本で細かいサイズ調整を行ってからレザーで作ります。従来の国産皮革製品で一般的だった、小売店/間屋/メーカー/工場/職人のような流れによる価格の上昇やこだわり感の伝わりにくさをなくすためデザイナー/職人が販売現場に来て直接お客さまとお話をし、商品を提案するオーダー会を販売の中心にすえています。

ダイヤモンドパイソンを使ったレザーグッズも人気です。白い部分を手彩色で染めていくため、今までに無かったエキゾチックなトートバッグに仕上がっています。

クロコダイルベルトもフルオーダーが可能です。革の色、サイズなど自分だけのオリジナルベルトを作製することが出来ます。

KURODA HEARTはレザーシューズが各種オーダー出来ます。特にクロコダイルシューズのオーダーではサンプルシューズを履いていただきサイズチェック後、念のため左右の足の寸法を測ります。更にソールを仮貼りし履いていただき微調整後完成となります。

アトリエアキコは、皇室帽子デザイナー市瀬廣夫が、1950年帝国ホテルアーケードにて外国婦人専門の帽子店を開設したことから始まりました。1963年には、パリのモディスト ジャン バルテ氏に師事し、帽子作りの技術をさらに磨き、帰国後そのセンスと腕前を認められ、皇室の帽子を担当するようになり、現在に至っております。2代目市瀬晶子は、師である父から帽子職人としての精神と技術を学び、素材選びから縫製まで手作りにこだわり、デザインが先行するのではなく被る人と一体となってその人の魅力を最大限に引き出すことを目指し、一つひとつ心を込めて帽子を製作しております。現在は婦人帽子・紳士帽子どちらも製作しております。長い間ご愛用いただいている方が多く、季節の変わり目などはメンテナンスも承っております。また、全国各地で帽子の被り方のレクチャーや講演、帽子作りセミナー、ワークショップなどを行い、 帽子文化の普及に努めております。

nine SIXtyはアーティスト加藤博照が感じる世界を素直に、そして限りなく自由に表現し、進化し続けているジュエリープランドです。ジュエリーの素材としてはタブー視されていたレザーも用い、様々な素材と糸を組み合わせ、デザインから縫製、繊細なディテールに至るまで、加藤博照の独自の手法と手作業によって完成されています。作品のすべてがオーダーメイドになっており、大きな可能性が秘められた作品は、確固たる存在感を放ちます。リング・ペンダントトップ・バングル・ブレスレットなど、高品質なアクセサリーをハンドメイドで大切に作り上げています。

nine SIXtyは、すべてデザイナーの手によるハンドメイドです。デザイナーの加藤博照は、歯科技工学校で金属の性質やWAXの性質などを習得し、卒業後はファッション誌やTVのスタイリング、スニーカーのデザイン、服飾デザインを学びました。

JUNKO WATANABE 
母貝に育まれ自然が生み出す神秘の宝石「真珠」。海のバワーを秘めた真珠を皆さまの日常に取り入れていただきたい。フォーマルだけでなくカジュアルなファッションにも日々お使いいただくことをテーマにデザインしています。産地に拠点を持ち、選ばれた確かな真珠をお客さまの個性に合わせご提案しています。真珠と言えばフォーマルでお行儀のよいイメージが強いと思いますが、『もっと真珠を楽しむ』をテーマに作品作りをしております。ラグジュアリーでありながら、バーティーファッションだけでなぐ普段のお洋服やお出かけにもセンス良く合わせられるものをご提案しています。ほかの人と違う一点ものや、最近注目のメンズパールアクセサリーも楽しんでいただきたいと思います。

LEYLYSは原宿にアトリエを構えるライフスタイル・ストア。自身の感性を生かしながら一つひとつ手作業で生み出すヴィンテージ物のリメイクやペイントアートを施した洋服は、どれも同じ表情のものがない世界に一つだけの一点物です。LEYLYSは洋服だけでなく、不動産・内装リノベーションも手掛けるライフスタイル・ストアを展開しています。

GAKU IGARASHI(写真左)は、幼少期から2010年までシドニーて過こし、シドニーチャリティーイベントやマーケットなどに絵を出展。オーストラリアで保育士免許を取得し保育土として働く。ほのぼのとした優しく鮮やかな絵は子どもだけでなく大人にも好評で、国内外開わず、各所色々なイベントに呼ばれるようになる。2021年天王州アイル寺田倉庫 WHAT CAFEグループ展、渋谷宮下パーク DENIS 個展、名古屋 MITSUKOSHI 個展、そごう横浜店 個展ほか

HASU(写真右)は沖縄を拠点にするDrawing Artist。選び抜かれた黒の線と白の余白で表現し大人の恋を詩情的にシンプルに描きます。主に万年筆を使い、余白を大切にし、大人の世界を詩的に表現しています。

こちらの区画は「MASTER HAND」から繰り出す、クリエーターズPOP UPショップ。素材選びから縫製まで決して手抜きをせず、心を込めて作品を生み出すクリエーター集団MASTER HANDがおくり出すオンリーワンな商品の数々が集結。ご自分だけのこだわりのアイテムを見つけてみませんか。

お手数ですが、お問い合わせ内容欄に必ずH23 そごう千葉店 MASTER HANDと記入してください