SOGO SEIBU TransCulture

I13 そごう大宮店 高齢者住み替え支援センター ロイヤル介護 入居相談室 10階 ペット・スクール・外貨両替のフロア 快適な終の棲家を選ぶ

近年社会の核家族化と高齢世帯が増える中、高齢者の「安全で快適で自立した住まい」への欲求が年々高まっています。そうしたなかで代表的な高齢者向け住宅として「有料老人ホーム」と「サービス付き高齢者住宅」があります。「有料老人ホーム」は現在または将来介護が必要な高齢者が生活支援や身体介護を受けられる施設です。初期費用は入居一時金と食費や管理費などの月額費用がかかります(入居金ゼロプランもあります)。一方、「サービス付き高齢者住宅」は主に自立した高齢者が生活相談や安否確認を受けられる施設です。初期費用は数ヵ月分の敷金ですが、食費や管理費以外にも家賃などが月額でかかります。つまり「有料老人ホーム」は初期費用がかかりますが提携病院の往診もあるため介護面で安心という特徴があり、「サービス付き高齢者住宅」は初期費用は安いですが将来の身体状況の変化により退去の可能性もあります。しかしこれは一般的な違いであり、「有料老人ホーム」の中にも「介護付き」「住宅型」「健康型」などがあり、「サービス付き高齢者住宅」にも「一般型」「介護型」と種類が多いため慎重に確認をする必要があります。また入居施設を選ぶ際には、受けられるサービスや費用以外にも「食事内容」「ご本人さまのお住まいやご家族のお住まいからの距離」「レクリエーション」「施設の周辺環境」なども確認したい大切なポイントです。そのため入居施設選びには豊富な知識や情報が必要になることから、ロイヤル介護 入居相談室では高齢者の住まいに特化し、ご相談・ご紹介・ご案内を行っています。多くの種類からの施設選びは難しいですが、多いからこそ丁寧に選ぶことでご自身の希望にマッチした終の棲家に巡り合えるのではないでしょうか。

ロイヤル介護 入居相談室は宅地建物取引業免許を持つ埼玉ロイヤル株式会社が運営しています。ここは不動産事業グループ、ロイヤルハウジンググループの企業であり、多くの不動産事業で培った経験を活かした高齢者事業の一環として2008年にスタートしました。大宮店への出店は2016年。ご相談者さまには、施設のことを勉強し予備知識を持たれている方もいますが、中には高齢者向け住宅に関して不十分な情報もあるため、ご相談者さまには様々な資料を活用し丁寧にご説明させていただきます。インターネット上で情報が溢れている中で、ご相談者さまと対面で分かりやすいツールを使用し、十分なご理解をしていただきながら施設をご紹介しています。

ロイヤル介護 入居相談室では、「来店」「メール」「電話」「訪問」「オンライン」の5つの方法でご相談を承っております。訪問ではご自宅だけではなく、こちらからご希望の場所に伺ってご相談も承っております。コロナ禍以降はメールや電話でのご相談も増えてきましたが、お客さまとの対面を大切にして施設見学には必ず同行しています。またご相談の時間は数分~1時間以上とご相談内容によって様々ですので、事前のご予約をおすすめしております。お客さまのご要望に少しでも沿えるように担当相談員が丁寧にご対応いたします。

施設見学はホームページの画像や資料の説明文だけでは分からない、施設の雰囲気やすでにいらっしゃるご入居者さまやスタッフの方の様子を感じていただけるためとても大切です。見学候補の施設が決まったら、見学の予約や日時調整はロイヤル介護入居相談室の相談員がすべて行い、見学にも同行いたします。その際には福祉車両や送迎車もご用意しておりますのでご自宅への無料送迎なども承ります。また、ご相談者さまのご不明な点や気になる点に対してご説明できるように施設の運営会社や実際のご入居さまやスタッフの方からの情報を常に収集しています。ロイヤル介護 入居相談室ではご相談者さまが安心して施設選びができますようにサポートをさせていただきます。写真はそごう大宮店ロイヤル介護 入居相談室がご用意している福祉車両です。

施設選びには受けられるサービスや費用だけでなく、新たな住まいとなるお部屋の階数や広さや日当たりなども大切なポイントです。終の棲家となるお部屋ですので、相談員が丁寧に施設選びのサポートをさせていただきます。またロイヤル介護 入居相談室ではロイヤルハウジンググループのネットワークを活かして,お引越し,不用品のお片付け,相続相談,ご自宅の売却などのお困りごともサポートしております。こちらの画像はロイヤル介護入居相談室がご紹介する施設のお部屋の一例です。

「食事」はさまざまな面で私たちの生活にとって、とても大切なものです。特に高齢者の方々にとって食事が持つ楽しみや健康に対する意識は非常に高いため、最近の高齢者向け住宅では食事に注力している施設が増えてきました。見学時に実際に味見ができる施設もありますので、施設を選ぶ際にはお声がけください。こちらの画像はロイヤル介護 入居相談室がご紹介する施設のお食事の一例です。

食堂やラウンジなども施設選びの重要なポイントです。共有部分はほかの入居者の方々とコミュニケーションをする大切な場となります。また施設内のレクリエーションも日々の楽しみの一つとなりますので、レクリエーションの種類や頻度も忘れずにご提案しています。こちらの画像はロイヤル介護 入居相談室がご紹介する施設の共用部分の一例です。

こちらはロイヤル介護 入居相談室がご紹介できる埼玉県内の地域ごとの施設数です。とくに埼玉県在住のご相談者の方は「いまお住まいの地域」への愛着を強く持たれているため、ご提案の際には施設の周辺環境や行政エリアなども配慮しています。またロイヤル介護 入居相談室では埼玉県内だけでなく東京都、神奈川県、千葉県を含む一都三県の施設と提携しておりパンフレットも常備しています。

PROFILE

(左上から時計回り)服部 直樹、髙橋 豪、三浦 しのぶ、大熊 亜紀

Hattori Naoki、Takahashi Gou、Miura Shinobu、Okuma Aki

服部さんは介護支援専門員・福祉用具専門相談員、髙橋さんは介護福祉士・宅地建物取引士、三浦さんはアフィリエイテッド ファイナンシャル プランナー(日本FP協会認定)、大熊さんは社会福祉主事・学習療法士・高齢者住みかえ支援相談員の資格を有しています。このようにロイヤル介護入居相談室では多くの相談員が有資格者や介護現場の経験者です。その知識や経験を活かしながら、ご相談者の方々に最良のご提案ができるようにサポートいたします。またロイヤルハウジンググループの強みを活かし、住まい選びはもちろん、ご自宅の売却や賃貸住宅としての転貸借のサポートなど「家じまい」全般のお手伝いもいたします。施設への入居後もお困りごとに対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

お手数ですが、お問い合わせ内容欄に必ずI13 そごう大宮店 高齢者住み替え支援センター ロイヤル介護入居相談室と記入してください