SOGO SEIBU TransCulture

K55 催事イベント Japan Paper hal(ジャパンペーパーハル) 2023年4月26日(水)~5月9日(火)4階(中央A7)=イベントスペースNEWS 初夏の光をまとう和紙のアクセサリー

和紙を使ったモダンなアクセサリーブランド「Japan Paper hal(ジャパンペーパーハル)」。Japan Paper hal のアクセサリーは、色鮮やかな千代紙や和紙から作られています。日本人に馴染み深い和の色と柄で遊ぶアクセサリーは、見る人の心を躍らせてくれます。また、古くから受け継がれてきた千代紙の文様は、魔除けや健康長寿、縁結びなど、いつの時代も変わらない人々の願いを司っています。そんな縁起の良い和紙から作られた美しく神秘的なアクセサリーで、今日という日がちょっと前向きになれますように。【23年5月記】

今回のテーマ「初夏の光をまとうアクセサリー」を受けて、制作された雫のピアス・イヤリング[青・紫・緑]は初夏の陽射しに映える色鮮やかな和紙が、独自の加工により瑞々しい質感になりました。光に煌めき、耳元で存在感を放ちます。驚くほど軽く、着け心地も抜群です。素材:和紙、レジン、ガラス、14KGF(14金張り)

Japan Paper halのデザイナー、五味はるかさんが日本中から集めた千代紙。この千代紙の繊細な美しさが五味さんの手により煌めくアクセサリーに変身します。

Japan Paper halのイヤリング・ピアスなどイヤーアクセサリー。二種類の千代紙を使ったものや耳元でゆれる存在感あるイヤリングまで多くの種類があります。

Japan Paper halのペンダント各種。使われている千代紙の文様は伝統的なもの。文様とは、厄除けや縁結びなど古くから変わらない人々の願いが込められています。そんな文様が印刷された可愛らしい和紙を、お守りのように身に着けられるモダンなアクセサリーに仕立てました。美しく神秘的な和紙のアクセサリーで、今日という日がちょっと前向きになりそうです。

Japan Paper halの指輪類も同じく千代紙柄です。Japan Paper halのピアス・ネックレス・リングには14金ゴールドフィルド(14KGF)を使用しております。ゴールドフィルドは総重量の20分の1以上ゴールドを使用している「金張り」という手法です。金を分厚く圧着しているため、非常に剥がれづらく、通常の金メッキと比べると輝きが大変長持ちします。また、それにより金属アレルギーが出にくいという特徴があります。

Japan Paper halのアクセサリーは心に残る特別なギフトにも最適です。千代紙に染められた日本の伝統文様には、縁をつなぐ「七宝つなぎ」、魔を避ける「籠目」、子どもの健やか成長を願う「麻の葉」、夫婦円満の「松」など、縁起の良い意味がこめられています。相手のことを想って、意味合いごとプレゼントされる方もいらっしゃいます。文様に秘められた意味合いは、和紙ごとにカードにまとめてあり、アクセサリーと一緒にパッケージされています。貰った人がこのカードを見れば、贈ってくれた人の心遣いがよくわかります。

PROFILE

五味はるか

Gomi Haruka

作家の五味さんは美大卒業後、海外の広告代理店で働いてきたという経歴の持ち主。一度海外生活を経験してきた中であらためて日本のデザインの奥深さに気付き、長い歴史の中でひとつひとつの文様に込められた願いを「お守りのように」身に着けられ、しかも懐古的な和テーストにならず現代の生活の中に使えるようなモダン感覚のアクセサリーに作り上げました。Japan Paper halのアクセサリーは、どれもベースになる千代紙から切り取る場所によって微妙に柄が異なる一点もののアクセサリーです。

お手数ですが、お問い合わせ内容欄に必ずK55 催事イベント Japan Paper hal(ジャパンペーパーハル)と記入してください