SOGO SEIBU TransCulture

K81 催事イベント シュタイフ展 シロヤイチガントウキョウ 2023年10月25日(水)〜31日(火) 4階(中央A7)=イベントスペース NEWS ディテールにこだわった白と紺のシンプルなメードインジャパンのデイリーウエア

オシャレ経験値が高い人がたどり着くのはシンプルな白と紺のアイテム。「シンプルをデザインする」をテーマに、ディテールにこだわったメードインジャパンのデイリーウエアをご紹介します。お買い上げのお客さまには、環境に配慮し、デッドストック生地で作ったオリジナルエコバッグに入れてお渡しします。【23年10月記】

左上)ビッグシルエットが特徴的なシャツワンピース、右上)シンプルで着脱しやすく、長さも調整しやすいサロペット、左下)英国ワークコートのシルエットをインディゴ染めの刺し子で再現した防寒性の高いコート、右下)きれいなAラインが出る前後どちらでも着られるワンピース。いずれも綿100%の日本製。シロヤイチガントウキョウのアイテムは実用性が高く、オシャレに長く着られるものばかりです。

上の4アイテムには、それぞれこのような下げ札が付いています。シンプルにおのおののこだわりが書かれています。

シロヤイチガントウキョウでは捨てられるブランドショッピングバッグの代りに縫製の際の端切れを利用して作ったトートバッグに商品を入れてお渡ししています。毎度異なる端切れが出てくるので、これらのトートバッグは毎回異なる色柄になりますが、それもまたこのブランドの個性を表しています。

PROFILE

平川日出夫(右) 内田成美(左)

Hirakawa Hideo(R) Uchida Narumi(L)

2019年にこのブランドを立ち上げた平川さんは、長くファッション業界において多くのアパレルブランドの企画コンサルやOEM生産などに関わってきましたが、自らもリスクを背負ったブランドを立ち上げることを決意し、合同展に出品したところ好評であったため、多くのお店や通販サイトからも声が掛かるようになりました。長年の研究に基づきワークウエアなどのファッションの歴史を踏まえたシンプルな形を日本の高品質な素材と高度な熟練職人の手による縫製で再現し、ベーシックな白と紺にこだわることでトレンドに流されないスタイルを創り出しています。長く着られるのにお求めやすい価格設定とセールを行わない売り方でファンが少しずつ増えてきています。

お手数ですが、お問い合わせ内容欄に必ずK81 催事イベント シュタイフ展 シロヤイチガントウキョウと記入してください