SOGO SEIBU TransCulture

K92 催事イベント ドイツ・クリスマス展 6階 =イベントスペース海側 12月19日(火)~25日(月) ドイツの温かみあるくるみ割り人形です。

ドイツ・クリスマス展を展開する「小さなミュージアム」カルニーではドイツの代表的な木工芸品である「くるみ割り人形」および「煙出し(香炉)人形」などの現地直接買付輸入品が販売されています。ドイツ職人が手造りする伝統的インテリア人形は、クリスマスはもちろん普段でも暮らしに彩りを添えてくれます。有名なチャイコフスキーのバレエ「くるみ割り人形」はクリスマスにちなんだ作品であることから毎年クリスマス・シーズンには世界中で盛んに上演され「白鳥の湖」「眠れる森の美女」と共に「3大バレエ」とも呼ばれていますが、この原作は、ドイツの作家ホフマンによるドイツ・ニュルンベルグを舞台とした童話「くるみ割り人形とねずみの王さま」で、実際のドイツの伝統的な工芸品のくるみ割り人形こそ、このお話の原点です。【23年12月記】

これぞ世界的に知られたくるみ割り人形の代表的なスタイルです。ホフマンの童話の中でネズミの軍隊と戦う人形らしく、いろいろな制服を着た兵隊さんの姿が中心です。本物のくるみ割り人形は、クリスマス期だけでなく年間を通じてリビングを優しい温かみで彩ってくれます。お子さまにも人気があるので、お医者さまの待合室にも多く使われています。

同じエルツ地方の工芸品には、クリスマスには欠かせない「キリスト生誕」シーンを描いた木製人形もあります。これもクリスマスシーズンには欠かせない装飾品です。

これもエルツ地方に伝わる伝統的な煙出し人形。人形の体の中の空洞にお香を入れると、人形の口からパイプの煙が出てきます。最近はディズニーキャラクターの七人の小人の顔の煙出し人形も登場しています。

ドイツのクリスマスツリーオーナメントです。ドイツのオーナメントは安価な使い捨てではなく、一つ一つ職人が丹精込めて作った木製のものが多く、決して安価ではないため、少しずつ毎年買い足していくものだそうです。独特な温かみがあります。

PROFILE

中村一行

Nakamura Kazuyuki

(有)カルニーを主宰する中村さんは、元々は金融系の会社にお勤めで、最後は有名な外資系投資銀行の部長さんをされ、後にくるみ割り人形や煙出し人形などで有名なドイツ エルツ地方の木製人形や伝統的工芸品を輸入販売するカルニーを立ち上げ、多くの百貨店でポップアップショップを展開されています。

お手数ですが、お問い合わせ内容欄に必ずK92 催事イベント ドイツ・クリスマス展と記入してください